会員の日美展入選


福岡技術OBの川上伍市さんは、昭和5年生まれの85歳。         

NHK福岡局技術部を昭和62年に退職された後、福岡大学、福岡工業大学、    熊本東海大学の非常勤講師として教鞭をとられ、多くの生徒を送り出されました。その後、77歳頃から水彩画を描き始め、平成24年・25年には福岡県の久留米美術展に2回連続して入選し、また、平成26年3月には福岡市美術展に入選しました。         
 今回、平成26年度の第15回全国日本美術絵画展には、昨年11月京都を旅行したとき、銀閣庭園をスケッチし、写真を撮ってきて、それをもとに20号のキャンパスに水彩画を描き、今年26年3月に日美展に応募しました。5月の末日、日美事務局から作品が、第1次・第2次の審査の結果入選したとの連絡がありました。なお部門別の最終審査をして6月下旬頃にその結果の連絡があるとのことです。         
第1次・第2次に入選された作品は、8月7日から16日まで、東京・六本木にある国立新美術館に展示されます。         
1次・2次予選を通るだけでも大変なのに、見事な出来栄えと思われます。         
おめでとうございました。最終審査を楽しみに待ちましょう。       
                               福岡技術OB 里見敏彦さん記
        (作品の写真は入稿次第、掲載します。)
   

2 Responses to 会員の日美展入選

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です