中森 督義さん「遠野まごころネット 勝手応援団」

(「ネットワークNHK」8,9月号から)

nakamori 「フロムOB」の取材をかねて6月、岩手県遠野市上郷町の中森督義さん宅を訪問した。遠野駅から奥さんの陽子さんの運転で40分ほど、山に囲まれた 一 本道をしばらく進むと中森宅に到着。携帯電話は通じない、一 本道の奥は行き止まり。熊や鹿が出る山間の地だった。中森さんは、主にニュース取材・制作の仕事に携わってきたが、最後は名古屋の企画総務室長で退職。その後は、NHK文化センター名古屋総支社長として活躍。遠野に住み、自称「遠野まごころネット勝手応援団」になったのは次のようないきさつだった。
 中森さんは65歳で仕事を辞めた後は、全く未知の分野でこれまでとは違う別の生き方をしたいと以前から考えていた。一 身にして二生を経る「一身二生」、過去の経験や知識、体験が通用しない環境でゼロから創り上げていく二つの人生を体験したいという「欲張りなこと」を考えていた。
 平成2 0年、文化センター退職後、陽子さんの実家である岩手県遠野市に移住、実生活の中から、自然との共生、近隣との助け合いがなければ生きていけないことを学んだが、さすがに冬の期間は生活が厳しく千葉県南房総で暮らすことにした。
 2011年3月11日は、親戚の法要で遠野に戻り、盛岡の病院に見舞いに行った帰り道、車の中で大地震に出合い、命からがら家に戻った。幸い遠野の自宅は、コップひとつ割れることなく大した被害はなかった。数日後知人の安否を尋ね、陸前高田を通り気仙沼へ、その途中で地獄絵図を目の当たりにした。
 遠野市民を中心にいち早く結成されたNPO法人「遠野まごころネット」は、全国からの多くのボランティアを受け入れ、岩手県三陸沿岸部の被災者支援の拠点として活動nakamori3を展開していた。「遠野まごころネット」を立ち上げ初代理事長となった佐藤正一さんは、陽子さんの中学の2年先輩にあたり、いろいろ話を聞くうち「何かしなければ」と焦った。ぎっくり腰を抱え力仕事ができないことを考えると「まごころネット」の一員としては活動できず、かえって迷惑をかける。NHK時代の経験と人脈を生かして「まごころネット」の〝勝手応援団〞〝勝手広報マン〞の役割ならできると考え、同窓生や仕事の仲間、企業や団体などに出かけて話をしたり、パンフレットを送ったりカンパを呼びかけたりした。
 中部旧友会では、忘年会などで中森さんに話をしてもらうとともに、募金を集め「遠野まごころネット」に贈ることが恒例になった。また、NHK名古屋青少年交響楽団では、8月と12月の演奏会の、チケット売り上げの一部とロビーでの募金を、被災地の子供たちを支援する「まごころサンタ基金」に送ることにしている。名古屋や岐阜の文化センターでも、3・11関連の講座の開催や募金協力など幅広く支援の輪が広がり、「被災地―まごころネット―名古屋」のきずなが深まっていった。
 三陸沿岸の大槌、釜石、陸前高田から直線距離にして40キロの地に位置し、三陸地方と深い絆で結ばれてきた遠野市民が、いち早く立ち上げた「遠野まごころネット」は、東 日本大震災被災地支援のボランティア基地としてその働きが内外から注目されるようになった。4年間で10万人のボランティアを送りだし、今もボランティアのネットワークを 生かし被災地の支援にあたっている。東日本大震災から4年半を経た今、中森さんは改めて「遠野まごころネット」への支援を呼び掛けている。
(文・中部旧友会 長縄 年延)

中森 督義(なかもり  まさよし)さん 昭和18年生。昭和37年入局。名古屋、津、岐阜、東京で、主にニュース取材、制作に従事。平成1 2 年なかもり  まさよし退職。NHK文化センター名古屋総支社長。平成20年文化センター退職。

中森 督義さん「遠野まごころネット 勝手応援団」 への1件のフィードバック

  1. 吉村 秀實さん のコメント:

    中森さん!お久し振りです。その後のご活躍ぶり、頼もしい限りです。人生、ゴールは決まっているのですから、生ある限り「好奇心いっぱい」の人生を送って下さい。当方も齢74、20年近く勤めたスターバックス コーヒー ジャパン社も今春、100%アメリカの子会社になったのを機に、退職し、NHK入局以来、52年ぶりに「毎日が日曜日」の生活に入りました。ところが、5月の連休後に、再就職の話が舞い込み、「面白そうな会社」なので、引き受けることになり、週に2日出勤しています。趣味のヨットは、今春をもって引退、絵の同人会「竹林会」の代表と、ハワイアンバンド「湘南シルバーレイスターズ」で、ボランティア演奏を続けています。ゴルフの回数と酒量は増すばかりですが、岩手県・二戸の酒造会社が作っている「なんぶびじん」が今、「白ワインより旨い!」と海外でも人気です。お元気で!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です