仙台新放送会館

index_img_02

仙台放送局が定禅寺通りの錦町公園隣に移転し2月4日にオープンします。地上7階、地下1階。延べ床面積は約2万3620平方メートル。現会館のほぼ2倍。

index_img_03

 

 

ガラス張りの1、2階は「定禅寺メディアステーション」と名付けられ、市民が自由に入館できる。番組収録の様子を見学できる「杜のスタジオ」、「東日本大震災を風化させない」をテーマにした展示スペース、レストラン「やっぺぇキッチン」などがあります。

index_img_04

新会館1階入り口正面からは
280インチの8K大型ディスプレイが
迫ってきます。
現ハイビジョンの16倍の33000画素の超高精細画像、22.2マルチチャンネルの3次元音響で異次元のテレビを体験できます。

仙台新放送会館 への1件のフィードバック

  1. 平田 正幸さん のコメント:

    私は、1970年5月から1972年6月まで仙台中央放送局に勤務しておりました。この時期は地方放送局のカラーテレビ放送の開始時期に当たり、スタジオ機器のカラー化及びカラーテレビ中継車が初めて仙台に配備され、仙台中央放送局を起点に東北全県へ{ふるさとの歌祭り」で駆けずり回つた関係から旧放送会館は懐かしい存在でしたが、この度立て替え移転で前と比べものにならない立派な会館になりましたね。オープンに対して心からお祝いを申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です